2018年08月31日

低収入だった彼が、なぜ自由な月収300万円生活を手に入れられたのか?

あなたは、

「たった1年で、3,000万円のお金を気楽に稼げ、
 値札を見ずに何でも欲しいものが
 買えるようになる」

と聞いたら、どう思いますか?

しかもその後は、
つらいサラリーマン生活から抜け出し、

家のローンや借金生活ともおさらばして

月収300万円、500万円を
パソコン1つで
自由気ままに稼いでいける。

・・・この話を聞いたほとんどの方が、

「またまた、冗談はやめてくださいよ」
「バカにしてるの?」

と思うかもしれません。

でも、今からするお話は、
Kさんという30代の平凡な男性が
実際に経験した出来事なんです。

こちらから

https://bit.ly/2wqycvK

Kさんは、30代前半の
ごくごく普通の独身サラリーマン。

都内の1DKのマンションで
かれこれ10年以上、一人暮らし。

手取り25万円ほどの給料で、
特に目立った贅沢をするわけでもなく、

だからと言って、
ひもじい生活というわけでもなく。

欲しいものは適当に買い、
食べたいものは食べ、

それなりに平和な毎日を
送っていました。

しかし、Kさんには
1つだけ、困ったことがありました。

それは、

「ちまちまとした浪費グセ」

です。

車や家など、大きなものを
ドカンと買うことはありませんし、
ギャンブルにも手を出しませんが、

こまごまとしたものを
ついつい、よく考えずに買ってしまう。

例えば、たまたま見かけた
ウィンドウにディスプレイされていた洋服。

話題になっている映画のDVDやCD、漫画。

アプリゲームへの課金。

スマートフォンの最新モデル。

冷静になれば特に必要ないものだったり、
少し待てば、もう少し安価で手に入るものなどを、

その場の勢いで、
すぐに買ってしまうクセがあったのです。

自炊もしないため、
毎日の食費もそれなりにかかります。

仕事帰りは必ずコンビニに立ち寄り、
弁当やビール、スナック菓子を買い込む。

「それくらい、別にいいじゃない」

と思うかもしれませんが、
それが365日ともなると、話は違います。

年間でトータルすると、
それはそれは、大きな金額。

借金するわけではない。
でも、すぐに浪費してしまう。

おかげでKさんは、
30代になっても貯蓄はほぼゼロ。

ついには、結婚を意識していた
3年間付き合った彼女から、
別れを切り出されてしまったのです。

「あなたとじゃ、未来を考えられない」

無理もありません。

計画性のない浪費グセがあり、
貯金はゼロ。

こんな状態では、
子供だって育てられませんし、
目の前の結婚資金ですら、
用意するのが難しい状態。

この時、Kさんは初めて目を覚ましました。

もちろん、自分で働いて稼いだお金を
どうやって使おうが、個人の自由です。

でも、こんなことを続けていて、
本当に大丈夫なのだろうか?

今はまだ若いから、どうにでもなる。

でも、このまま10年、20年、30年と
こんな暮らしを続けていて、
本当に良いのだろうか?

実家の両親もいずれはいなくなるし、
友達が多くても、
それぞれ家庭に入れば疎遠になってしまう。

結婚をしなければ、
家族を持つこともできない。

いざ、自分が歳をとって、
仕事も定年退職をして。

十分な蓄えもなく、
もらえるかわからない年金だけをアテにして。

自分の老後は、一体どうなってしまうのだろうか?

・・・突然突きつけられた現実に、
Kさんは急に恐ろしくなりました。

とは言え、今日、明日にすぐ誰かと結婚・・・
なんてことは、もちろんできません。

でも、お金なら。

今からお金を作り、きちんと蓄え、
未来に備えることだけなら
今の自分にもできることではないだろうか?

自分の人生を変えられるのは、今しかない。

そう思い立って
Kさんは翌日から、節約生活に入りました。

今まで3食コンビニ弁当や外食だったのを、
まずは自炊に切り替えるところからスタート。

安くて腹が膨れるもやし生活を
始めてみましたが、

もちろん、そんな生活が
続くわけがありません。

健康的な食事は大切ですし、
心の栄養にもつながります。

最低限の衣食住は
やはり、きちんと確保しなければならない。

そして、心の健康を保つための娯楽も
もちろん大切です。

いきなり全てを断つなんてことは
到底無理なのです。

とは言え、それでは
月々、わずかな金額しか
貯めることはできません。

試しに、サラリーマン生活を続けながら
副業でコンビニアルバイトも
始めてみましたが、

体力的にもつわけがなく、
すぐに身体を壊してしまい、
あっけなく副業は断念。

なら、一体どうすればいいんだ?

一から転職し直して、
月収50万円くらい稼げる職に
就けばいいのだろうか?

とは言え、そんな職に、
平凡ですでに30を過ぎた自分が就けるとは、
到底思えません。

結局、月々2〜3万円程のお金を
老後のためにちまちま節約しながら
一生を終えていくしかないのかもしれない・・・

Kさんは半ばそう絶望しかけていたんです。

でも、そんな時に目に留まったのが
たまたま、インターネットで見つけた
FXの広告でした。

Kさんはこれまで、もちろん
FXなんて触れたこともありません。

知識として知っている程度で、

「どうせギャンブルでしょ?
 そんな怖いものに手は出せない」

としか思っていませんでした。

だけど、その時のKさんの目に映ったのは
にわかに信じられないような実績の数々。

「初心者でも、ラクラク月収100万円!?」
「たった二本のラインを引くだけでお金に」
「わずか10万円の資金から、年収3,000万円を目指せる」

そんなたくさんのメッセージと、
そして実際に掲載されている数々の証拠。

それによって、Kさんの心は動かされました。

「どうせこのまま今の生活を続けても、
 年に30万円くらいしか貯金できないんだ。

 なら、ダメ元でチャレンジしてもいいかもしれない」

Kさんが一歩踏み出した瞬間でした。




それから3ヶ月が経ち、
Kさんは、毎日元気に仕事に行っています。

ただ、それまでと少し違うのは、

以前よりも美味しい食事をとり、
自分の好きなことに時間が使え、

そして、しっかりと
貯金が増えた、ということ。

それまではコンビニ弁当がメインの
食生活でしたが、

今は、栄養士の考えた
バランスのとれた少し高いお弁当を
定期購入。

さらに、新しくできた彼女が
週末ごとに家に通い、
手料理を振る舞ってくれています。

本やDVD、洋服、家電、
最新のスマートフォンの機種など、

「欲しい」

と思ったものは、なんでも買っても
お金も余る困らない生活。

仕事の後は、
同僚と美味しいお酒を飲みに行ったり、
スポーツクラブで汗を流したり、

友人とは楽しくレジャーに出かけ、
週末は彼女とまったり温泉旅行。

そして、月に50万円ほどの貯金。

仕事も順調で、
彼女とのスピード婚も視野に入ってきて、
まさに、第二の人生、と言っても良いでしょう。



Kさんは、言いました。

「あの時、思い切ってFXを始めて本当に良かったです。

FXの知識なんて全くなかったけど、
今は会社の給料とは別に、月に200万円、
300万円は簡単に稼げるようになったし、

始めてすぐにコレだから、
1年で3,000万円くらいは余裕で稼げると思います。

多分、僕の生活が充実していたことで
良い縁にも恵まれ、仕事もさらにうまくいくようになり、
人生が明るく開けてきたと感じます。

あれは、人生を変える決断だった。
本当にそう思っています。」



Kさんが人生を変えることができた秘密。
それは、ここからご覧いただけます。


https://bit.ly/2wqycvK






posted by 未来をコーディネートする起業家 KAZU at 11:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。