2018年06月26日

親として、未来の子供に教えられますか?



こんにちは(^^)
今年は、暑さと朝晩の寒暖差が
激しい気がします。



昨日、下の娘と話をしていて、
「90点で悔しくて泣いた」
と聞いて最近思ったこと。


小学校〜高校までの義務教育の中で、
何を学んで社会という荒波に放り出されるのだろうか?
(教育者の方が聞いたら言い方が悪いですが・・・)



「学校で教えてくれることはなんですか?」
と質問されたらどのように答えますか?


@ 国語、英語、数学、理科、社会で100点を取るために勉強すること
A 人とふれあい、コミュニケーションをとったり、協調性を持つこと
B ルールを守ること
C 大学へ進学すること
D 友達を作ること

などでしょうか。


他にもいろいろご意見などあると思いますが、
とりあえずこの5つということでご容赦ください(^_^;)



さて、そこで私が思ったこと。
この5つのことができたら、自立し生き抜いていけるのか?
ということです。



この5つの中の1つを例にしてみます。



娘は、100点でなく、90点で悔しくて泣きました。
目標を100点に設定しているからでしょう。
それは目標設定ということでは大事なことだと思います。
ちなみに100点を取ったら、なにか買ってあげる。
そのようなことは一切ありません。



私個人の意見ですが、物でつっても全くの無意味だからです。
100点取ったら〇〇してあげる。
親としては、目標を設定をさせているのでしょうが
子供は、目標設定以前に、100点とれば〇〇ができる。もらえる。
だからがんばろう!になってしまうのです。
だから意味がないというわけです。



100点を取ること。
協調性を持って、周りに合わせること。
完璧にルールを守ること。
偏差値の高い大学に進学すること。
たくさんの友人を作ること。で



将来この子が不自由なく
生活をして、結婚して、子供ができ
私の人生よかった!と最期に思えるのか?



私の答えはNOです。
私自身、高学歴でもありませんし、
エリートでもありません。
ですから全て合っているとも思っていません。



ただ私が、娘に話していること。
「なんでもやりたい!って思ったことはやってみること」
「やっても良いかな?じゃなくて自分で考えて、
やっても良い!と思ったならやりなさい」
といつも言っています。


それが一般的に非常識と思われることであっても。
もちろん犯罪はダメですが(^_^;)



やってみて、できなくて、また考えて、次にやったときに
うまくいった!これは経験しなければわからないこと。
私の自論ですが、「経験に勝るものは無い!」



私が言いたいこと。
学校で教育を受けることは当然ですが、
それだけに頼ってしまって、親は何もしない。


ではこれから未来のある子どもたちが
生き抜いていけない。

生き抜いていける術を
伝えてあげることが親として必要なことだと
思います。


では未来の子どもたちが生き抜いていけるように
親が学べる環境を教えているのがこちら!
       ↓↓↓↓↓

自由を掴みとるためのバイブル!



posted by 未来をコーディネートする起業家 KAZU at 15:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。